借金と依存症

今不景気な時代が続く中で、半数以上の家庭で日々の生活が苦しいと実感しているのが現状です。
不景気による収入の減少や物価が上昇するなど、贅沢な生活をしていなくても何となく余裕がない、経済的に厳しいと感じる家庭が多いです。
そこでここ数年利用者数が増えてきているのが借り入れです。
消費者金融のCMや銀行の融資、クレジットカードのショッピングローンやキャッシングなどなにかしら使って生活しているという人が増えてきています。
昔はサラリーマンを対象としていた為サラ金などと言われていましたが、今では無収入の専業主婦やパート勤めの女性や学生などでも借り入れができるようになり、消費者金融と呼ばれるようになりました。
収入が少なくても借り入れが出来るようになったことで、借金をすることに対して抵抗感が無くなってきているのが現状です。
この現状によって生まれてしまったのが依存症です。

借金と依存症はとても深いつながりがあります。
依存症というと、ギャンブル依存症や買い物依存症などよく耳にしますが。
最近では借金依存症になってしまう人もいます。
どの依存症でも共通していえる事は、金銭感覚がマヒしているという事です。
借金をしても自分のやりたいことを貫き、何故か返済できると思い込んでいる為いつまでも完済する事はありません。
また依存症の多くの人が、自分は依存していないと思い込んでいる場合が多く、多くの借金を抱え込んでしまいます。
借金の返済ができず自己破産をするかもしくは自殺してしまう人が後を絶ちません。



■特選サイト
消費者金融からの借り入れで背負った借金の返済について相談を受け付けています --- 借金 返済